歯を失った際に行う

歯は1本でも失ってしまえば、他の歯に悪影響を及ぼすことになり、最悪、また歯を失ってしまうこともあります。 歯を補う治療法はいくつかありますが、最善の治療法はインプラントです。なぜなら、他の治療法ですと歯の形状を再現することは可能ですが、歯の重要な役割である噛む機能を再現することが難しいからです。その点、インプラントならば、形状も機能も天然歯と遜色がないと言っても決して過言ではない、高レベルで再現することができます。 そして、インプラントの治療を受ける際には、医療費控除を受けることが一般的になっています。

なぜ、インプラントの治療を受ける際に医療費控除を受けることが一般的なのかというと、インプラントの治療費が平均すると1本30万円もしてしまうほど高額だからです。 インプラントの治療に保険は適用されるのですが、保険が適用される治療は極めて限られた治療のみです。ですから、ほぼ保険適用外の治療であり、治療費を全額自己負担しなければならない治療だと考えた方が良いでしょう。しかも、インプラントは非常にコストがかかる治療法ですので、その結果、1本30万円という高額な治療費が一般的になってしまっているのです。 このような状況ですから、医療費控除という制度が役に立つのです。医療費控除とは所得控除の一種であり、納める税金の一部が免除される制度です。1年間に医療費の支払いを10万円以上している場合を対象としていますから、インプラント治療は対象となります。 但し、一部、対象にならないインプラント治療もありますから、事前に歯医者に確認した方が良いでしょう。